カテゴリー

チャンネル名

キーワード

ジャンル検索

おススメ番組をケータイにメール配信
easy my web 新着記事

記事一覧を見る

4

15

Sun

おススメ番組
音楽
アルゲリッチ&バレンボイム「ピアノ・デュオ2016」

クラシック

266ch  クラシカ・ジャパン

放送時間 21:00 〜 22:45
出演者、他
再放送 4/16 22:50 〜 24:35  マイリスト登録
4/17 18:45 〜 20:30  マイリスト登録
4/18 14:45 〜 16:30  マイリスト登録
4/19 12:05 〜 13:50  マイリスト登録
4/20 07:50 〜 09:35  マイリスト登録
4/21 15:45 〜 17:30  マイリスト登録
4/29 15:45 〜 17:30  マイリスト登録

©Manuel Vaca

この番組では前回以上の興奮のるつぼと化した「V」の模様を楽しめる。舞台上にも客席を設け、手を組んで入場したアルゲリッチとバレンボイム。この回はドイツ・オーストリア作品によるプログラムで、最初はモーツァルトの「4手のためのピアノ・ソナタ ヘ長調K.497」。ふたりが横に並んで弾く連弾曲で、アダージョの序奏から濃密なロマンを引き出し、早くも巨匠たちならではの世界を作りあげる。続いて、ブラームスの「ハイドンの主題による変奏曲」2台ピアノ版。変奏ごとに様々な性格を表現して、ブラームスの名作の世界を楽しませてくれる。後半はリストの超絶技巧が駆使された、作曲者自身による2台ピアノ編曲作品を2つ。まず「悲愴協奏曲」。ソロ用の「大演奏会用独奏曲」を編曲してタイトルも付け直した作品。続いては「ドン・ジョヴァンニの回想」。モーツァルトの歌劇《ドン・ジョヴァンニ》の名旋律によるパラフレーズ作品で、元のソロ版も難曲として知られているが、2台でも壮絶なほどのヴィルトゥオーゾ作品となっている。この2作を最高の巨匠ふたりが弾きまくる姿は壮観で、超絶技巧の連続、大迫力の音響に、コロン劇場のボルテージも上がる一方。最後は総立ちの拍手で熱狂の状態を迎える。